VRでのプレゼンテーションの意外な。。?盲点

意外という事もないんだけど今まで全然気にしていませんでした。
この間会場のofficeのAptivaかなにかで開こうとしたときに、ディスクはマウントできたんですがファイルを開こうとしていきなりフリーズして仕方なくうちのぱわぶーで披露したのですが。今になってその理由を考えると、懸念としてですが、このサイズのVRを展開するためにはそもそもクライアントPCのメモリー空間が相当大きく確保されていないとまずいのではないか。。という問題があがってきています。

Winノートとかだと256MBとかそれくらいしか積んでいないと思われるので、その辺りの事も考慮に入れる必要があるのかもしれません。
。。でもどうやってテストすればいいのだろう? んーむ。

光ディスクドライブの読み出し速度は十分に高速化されていて問題ないレベルにまで達しているようです。

こんな低レベルな事でつまづいていて全くお恥ずかしい。。。

Leave a Reply