CDIとコイルはシロ

白馬号不動の件だけれども、とりあえず手元にあったCDIとコイルをそれぞれ取付けて状態を見たが変化なし。どちらも中古パーツとはいえ不良である確率は低いし全く変化がないということはやはりこれらの部品には元々問題がなく他の部分の故障であると理解する方が妥当だろう。

点火系をばらした上でフライホイールむき出しの状態でエンジンをかけたりクランクにレンチをかけてシャフトを回してみたりしたが、フライホイールの裏のあたりでかすかに何かが転がっているようなカラカラという音がしている。ここに異物が飛び込む可能性はとても低いのでもしもホントに何か異物が存在しているならたぶんそれはウッドラフキーが外れているかなにか。。タイミング系の異常のセンがやはり濃厚かと思う。(もっとも鉄製のパーツならあっという間にタイミング信号を生成するためのマグネットに吸着されるはずなのでウッドラフキーではないかもしれない)
タイミングライトとバッテリー式のインパクトレンチが欲しい。。
まぁ贅沢は言っていられないのでとりあえず手持ちの工具で点検してみようと思う。もともと昨年の夏に冷却ダクトの不備が原因でオーバーヒート気味になったこともあるので、シリンダーも少なからずダメージを受けているはず。予算があればシリンダーとピストンリングを新調してOHしてやりたい。

Leave a Reply