Tigerの脆弱性に関する一つの指摘

Dashboardの脆弱性に関するWiredNewsの記事
http://hotwired.goo.ne.jp/news/20050512301.html

あえて紹介するまでもない。。というかまぁwebにアクセスしたりコンピュータを仕事に利用したりする上では避けては通れない問題について一つの解釈として触れた記事というだけで大げさに捉える必要はないことだけど一応ここでも紹介しておきます。

ってーか。。Windowsでは何の問題もなく悪意もないJavascriptでさえOSXのSafariでそのサイトにアクセスするとメモリーリークを起こして最悪キーコンビで再起動せざるを得ないことさえある。webにアクセスすることで勝手にインストールされるプログラムやコードは無数にあるしそれを完全に予見して避けることはできないのだから基本的な対処方法くらいは覚えておくべきだろう。Appleの提供するツールやFinderの機能だけでコンピュータを安心して利用できる時代はもう終わっていると思うべき。全くの孤児OSだった時代とは違いLinuxベースのOSXに何かの目的を持ってコードを移植することはそう大変でもないだろうし突飛な発想とも言えない。例えばiPodとiTunesをターゲットにしたコードなんかを作ればあっという間にWindowsXPとMacOSX辺りの環境で広まりそうな気がする。(あくまでも妄想ですけど)

コンピュータの管理はウィルス対策ソフトにお任せでいいというわけには残念ながらいきそうにない。今後は。問題が発生したらシステムのログをたどって修復を試みるくらいの知識は必要になるだろう。

Leave a Reply