電話不調

うちの巨大携帯電話F900iTの調子がおかしい。起動後しばらくするとこちらの声が先方に聞こえない状態になる。

「もしもし」「聞こえますか」「もしもし」「もしもーし」「何これ」「こちらはクリアに聞こえてます。一度切ってコールバックしますね」ブツ。。

「もしもし」「何これ」「こっちは聞こえてます」ブツ。。。

。。。というような不毛な会話?を何回か繰り返したあとで、こちらのマイクがおかしいということに気づいた。最初は網側の問題かたまたま捉えた基地局の問題かと思ったんだけど試しにバッテリを外した状態でしばらく放置したあとで起動させると正常に動作する。ということは基地局のせいでもなくデバイスとしての「マイク」が故障しているわけでもなくOS側でマイクを認識していないかエラーでマイクからの入力を処理できなくなっているということになるような気がする。んーむ。
極端な話。バッテリーを外しておいて通話前に起動をかければ確実動作するのだがそれでは着信がとれないので携帯電話の意味がない。公衆電話と同じになってしまう。単にバッテリーを外すのではなく外した状態で起動swを30秒くらい長押ししてから起動させるとかなり安定して数日は問題ないみたいなのだけど油断するとまたマイクを認識しなくなっている。何とも中途半端な壊れかた。

とりあえず日に一回くらいコールドブートをかけている。まるでPDAか某社のデジタルカメラみたいでウツだ。まぁうちの電話の場合マイクとスピーカと通信機能がデフォルトで組み込まれているシンビアンOSのPDA以外の何者でもないんだけどね。
電話もコンピュータ。カメラもレンズとファインダー付きのコンピュータ。電車の運転もコンピュータ。テキストを書くのもコンピュータ。国民の移動を監視するのもコンピュータ。。。

毎日ハードリセットとコールドブートを繰り返している人生なのにそれそのものはリセット利かず。
ま。ハングアップしないだけマシか。(謎)

Leave a Reply