日本語版?

またもやApertureネタなんですが。

ほうぼうで「日本語版の発売まで待つ」とか「日本語版の発売まではデモもできないらしい」という話を読むんですけど、OSXになってからのApple謹製のソフトウェアって全部International版で出ていますから日本語版とか英語版とかの区別はないと思うんですが、この「日本語版」っていうのはどういう話なんでしょう。たしかにiTunesとかは日本語環境にインストールしたマシンからUSのITMSに接続して曲を購入したりはできなかったりしましたけどそれは別にアプリケーションが対応していなかったわけではなくて制限されていただけだし。 この期に及んでAperture(E)とか(J)とかあるんでしょうか。

One Comment

  1. Studio M2 BOTTA より:

    オオタカさま
    ご無沙汰してます。先日渋谷のアップルストアーに寄って聞いた時点では、おっしゃるとおりに今までInternational版ででてるので、店員の方もそれなのに何故同時発売では無いという事を不思議がってました。きっと何か問題があるのでしょう。
    その辺の情報もホントに知らないようでした。
    しかし発売になったからっていろんな意味で手を出せないソフトですね。
    長々と済みませんです。

Leave a Reply