ポラロイドカメラ来たる

とうとうSX-70フィルムが終売になってしまうために現在市場にある在庫が払底して以後は600シリーズのフィルムを使うカメラを我が社(謎)の主力にせざるを得ない。1200シリーズやスペクトラシリーズではうちで使っている目的を満たせないから。

そこでかねてから目をつけていた中古のPolaroid Sun670 AUTOFOCUS QSカメラを買ってきた。値4000yenなり。
いままでも600フィルムを使うカメラとしてPカムをもっていたんだけど、Pカムは固定焦点なのでどうしてもイマイチ絵が甘くなってしまう欠点があった。今まで使っていたPolasonic AutoFocus5000カメラはとてもきれいに写るカメラだったのでこいつからPカムへのスイッチでは画質に不満が出る事はわかっていたから、出物があるうちに600シリーズのオートフォーカス機を手に入れておきたかったというわけだ。

古いものなので故障等は心配だったんだけど、とりあえずフィルムを入れて試し撮りしてみた範囲では問題なく作動しておりオートフォーカスも正確に機能しているようだ。まぁこれなら安い買い物というところかな。Polasonicカメラの外付けストロボと較べるとストロボの閃光管が明らかに短いせいかストロボ撮影の色身がかなり青っぽいのがちょっと不満だけどこの辺りは後々色補正フィルターでも貼るか何かして対処すればいいだろう。


追記:

ストロボの光質が妙に青いのはどうやら閃光管のせいではなく発光部の散光板に着色がなされているようだ。目的はわからない。600シリーズからはカメラにストロボが内蔵されるのが標準でしかも基本的に常時発光を前提としているので他の光源との兼ね合いでストロボの光色を調整しようとしたのかもしれない。
Polasonicカメラではストロボは外付けオプションで、ストロボを装着している場合にはストロボが充電完了するまではシャッターがロックされるフールプルーフ機構も組み込まれていたためにストロボを装着したままでノーストロボで撮る事ができなかったが、Sun670QSではPカメラと同様にストロボが内蔵であり、レリーズレバー外側のサブレバーのみを操作してレリーズするとノーストロボで撮影できる。当然この場合もAE/AFは作動する。

時代がPolasonicよりは現代に近い製品であるせいか内部ギアがだいぶジュラコンに置き換わっているようで作動時のギアノイズはかなり低くなっているがかえってモーターが作動する時の高周波の回転音が目立つようになっており静粛性はどっちもどっち。ポラの場合は独特の作動音もアジなのでまぁ佳しとしておこう。

600フィルムの画質についてはまだ何とも言えないが、さすがに固定焦点のPカムとは違いかなりシャープな写りで買った事に満足できるレベルには達している。おもにパーティスナップなどに使うカメラだから、あとは似たようなシチュエーションでテスト撮影してみてどうか。。ということだろう。もっとも例えダメダメでもこれで我慢する意外にないんだけどな。

Leave a Reply