1円発注

ジェイコム株が乱高下 マザーズ [産經新聞の記事]
http://www.sankei.co.jp/news/051208/evening/09bus002.htm

ジェイコム株が乱高下 マザーズ

1円で誤発注、原因か

八日午前の東京株式市場で、東京証券取引所マザーズに同日新規上場した総合人材サービスのジェイコム(大阪市)の株価が、取引開始後に値幅制限下限のストップ安となったあと、一転して制限上限のストップ高を付けるという異常な値動きを示した。証券会社の誤発注が原因とみられている。

同社の売り出し価格は六十一万円で、初値は六十七万二千円。関係者によると、ある証券会社が誤って一円で約六十万株を売り出してしまったという。実際は約六十万円で一株を売ろうとしたところ、指し値と株数を間違えたのではないかとの見方が出ている。

東京証券取引所の平均株価は同日昼すぎ、この誤発注のうわさをきっかけに急落、午後一時現在、前日比二七五円六八銭安の一万五二〇八円九八銭となった。

ジェイコムの発行済み株式数は一万四千五百株のため、超安値での大量の売り注文で、株価は一時ストップ安となる五十七万二千円まで急落。その後、ストップ高となる七十七万二千円に上昇した。

誤発注なら巨額な損失が発生することになり、誤発注をした証券会社の規模によっては「経営に大きな悪影響を与えかねない」(大手証券幹部)ため、東証などで事実関係の確認を急いでいる。

誤発注した責任者もまぁ明らかに悪いけど、こんな人為的ミスがそのままノーチェックで受け付けられてしまうシステムの設計もかなり問題があるような気がする。

GoogleNewsで関連記事を検索

Leave a Reply