富士フィルム プリンタインク用染料メーカーを買収

日経の記事
富士写、308億円でプリンター用インク染料最大手を買収
http://www.nikkei.co.jp/news/main/20051226AT1D2500H25122005.html

富士写真フイルムは家庭用プリンター向けインク染料の世界最大手、英アビシア社(マンチェスター州)を買収することで同社と合意した。買収額は約308億円。デジタルカメラの普及でフィルム市場が縮小する半面、家庭で写真を印刷する需要が拡大している。今後、大手プリンターメーカーへのインク染料の供給を増やし、収益の柱の1つに育てる。

富士写はこのほどアビシア社の全株式を取得する契約を締結。来年2月をメドに買収手続きを終える。26日発表する。 (07:00)

商売としてはよくわかる。

ときに。インクジェット用のプリンタの染料の供給元って何社くらいあるんだろうか。供給元が事実上寡占状態ならインクジェットの保存性がどうこうなどとうたったとしても要するにそれは宣伝コピーないしは商品企画上のことでしかないことになるのだろうが。
まぁそれを言ったら電化製品なんかは蓋を開けて無銘の構成部品の出所を精査すれば中身は全部おんなじ。。なんてことは今さらいうまでもないことではあるけど。

Leave a Reply