Mac book Pro

いまのところバタバタで全く詳細を読んでいないけどとりあえずは15″モデルのみのよう。まぁボリュームゾーンはやはりこのサイズだと言ってよいと思うからいいのだけれどもモバイル使用には明らかに大きすぎる。噂に上っているintelなiBook後継モデルは13″のスクリーンを搭載しているらしいのでこちらがたとえばMac book Miniとかそういう名前で登場するまでは(名前はさておき)モバイル使用できるAppleのノートブックは旧モデルになってしまったけどPowerbookG4/ iBookG4の12″モデルしかないということになる。新品で今年Powerbookを買おうとしていたヒトにとってはちょっと難しいタイミングになってしまったということだな。 >誰となく

まだアプリケーションの対応なども不明なので半年待てるのであれば intelMacの小型マシンを待った方がいいだろうし、それ以前の段階で欲しいのならば、おそらくは市場に大量に放出されているだろう新古品のPowerbookG4 12″ を捜すのがいいだろう。速度的にはそれでもおつりが来るくらいだと思う。
スピードジャンキーなMacユーザにとっては旧モデルという選択肢はすでにないのだと思うけれども、一般のユーザには今あるマシンはすべてオーバースペック。写真屋にとっても大量のバッチ処理くらいしか差のつくところはないし、オペレーションのスピードのほうが余程遅い。処理速度が本当に問題になるのは音楽制作とか映像制作くらいのものではないかと俺は思っています。(速いのはいいことだけどね)
果たしてIntelのチップセットでバッテリ駆動した時のパフォーマンスがAC駆動と同じだけ出るかとか、重たい処理をした時のバッテリ駆動の実効稼働時間がどれくらいかとか、カタログスペックだけではうかつに歓迎できない部分は多いと思う。

次はNewton復活を。。

Leave a Reply