Mac OS X初のウイルス登場

RBB TODAYの記事より引用
http://www.rbbtoday.com/news/20060217/29000.html

Mac OS X初のウイルス登場にセキュリティ各社が緊急警告

2月17日現在、ウイルス対策ソフトなどセキュリティソリューションを提供する複数の会社が、Mac OS Xでは初めてとなるウイルスの出現に警告を発している。

このウイルスはワーム型で、「OSX.Leap.A」または「Oompa-A」などと呼ばれている。Mac OS X上で動作するインターネットチャットシステム「iChat」を介して感染を広げるもので、シマンテックでは、このウイルスを、現在、レベル1の脅威(1~5の5最大危険度)にカテゴライズしているという。

このウイルスは、自身をlatestpics.tgzというファイル名で感染したユーザーのBuddy List(友人リスト)に掲載されている宛先に、iChatインスタントメッセージングシステムを介して転送し、感染を広げる。Latestpics.tgzファイルが開かれると、JPEG形式のアイコンに見せかけた無害なコンテンツを装うほか、感染したプログラムのリソースフォークに感染のマーカーとして「oompa」というテキストを書き込み、同じファイルが再感染するのを防ぐという。

OSXに同梱されている「Spotlightサーチプログラム」を利用して、マシンを起動するたびに動作するという。ただし、ユーザはこの圧縮ファイル内にあるlatestpicsを実行しない限り、感染することはないという。

ソフォスやシマンテックでは、すでにこのウイルスに対応した定義ファイルのアップデート提供を開始している。

とりあえずあまり悪さはしないみたいですが、ウィルス定義ファイルがアップデートされているかどうかの確認と、今後OSXを狙ったウィルスが出現することは間違いないので安全性を過信しないことが必要ということになるのかも。

iChatのユーザは自分の知り合いからlatestpics.tgzというファイルが送られてきても決して実行しないで破棄することが必要。
つーか、確認もせずにファイルを開く習慣はこれからは無くしましょう。アホなこといっているのは重々承知していますが。

Leave a Reply