ニホンジーンデース

mixiニュース経由 時事通信社配信

(時事通信社 – 02月28日 10:28)

埼玉県警川口署は27日、入管難民法違反(旅券不携帯)容疑で川口市の女性(28)を誤認逮捕していたと発表した。女性は日本人と分かり、同署は約14時間後に釈放した。

同署によると、25日午後7時40分ごろ、川口市内の路上で、パトロール中の警察官が職務質問。女性は「日本人です」と話したが、その後の質問に答えなかったため、同署に任意同行した。

26日午前5時15分ごろ、同署は裏付け捜査が不十分なまま、女性の外見が東南アジア系の外国人に似ていることや話さないことから、外国人の可能性が高いとして逮捕した。しかしその後、母親に確認したところ、日本人と判明。同日午後7時20分に釈放した。

同署は26、27の両日、女性と家族に経緯を説明し謝罪した。

[時事通信社]

まぁ外国旅行に行って現地人と間違われてフツーにネイティブに話しかけられたりする人も知り合いに多々いるので東南アジア人とかバリの人とかと間違われる日本人がいても全く不思議ではないけど、「日本人です」と日本語で申し立てても信じられなかったというのはどういう事情なのかちょっと興味はある。
かく言う俺もバイカル湖辺りとかウジノサハリンスク辺りにいっぱいそっくりさんが居そうな顔だしなぁ。。

Leave a Reply