蛍光灯のフリッカー

某所の話題に出ていたことですが、グロー式に限らずスタータ式でもレリーズのタイミングと蛍光灯のフリッカーのシンクロ具合で明るさの差は出ますね。デジタル撮影に限らずフィルムの時もそうでしたが。1/60でも出ますから露出が大事な時は1/30くらいにしておいた方が無難かもしれません。

あと、蛍光灯の本数が少ないとき(一本とか)異常に近いとき。。例えばデスクスタンドで照らされている時に、その灯器がインバーター式でなおかつカメラの幕速が速いタイプである場合、高速シャッターで撮影するとシマシマに写ることがあるのでこれも留意する必要があります。まぁこれはレアケースか。管のコンディションも影響するのだろうし。

Leave a Reply