[TRAUMARIS] 7 月は FESTIVE SEASON !
● 7/15 明日香ショウ● 7/20BLACK VELVETS ほか

断定バーよりのメールレターを勝手に転載します。

お題は七月のライブ、パフォーマンスイベント

  • 7/15(土) 島田明日香 Fetish Kimono Performance
  • 7/20(木) BLACK VELVETS Live
  • 7/27(木) KooKS Live
  • 7/28(金) DAKE & ZONO Bossa Live

TRAUMARIS Information
……………………‥‥・・

●7/15(土) 島田明日香 Fetish Kimono Performance
●7/20(木) BLACK VELVETS Live
●7/27(木) KooKS Live
●7/28(金) DAKE & ZONO Bossa Live

…………………………………………………………………………
●7月15日(土)22:00
 島田明日香 “和装で舞”パフォーマンス
 on the Bar Counter Vol.2
 with 杵屋和完(三味線奏者)
 CHARGE:1500YEN + ORDER

 新世代舞踏家とフェティッシュな女王様のあいだを
 しなやかに行き来するダンサー・島田明日香が
 リクエストにお応えし、TRAUMARISのバーカウンター上に再登場!
 昨年、飯島愛写真展で魅せた、あの美しくも緊迫(×緊縛)に満ちた
 ダンスパフォーマンスを今回は三味線奏者・杵屋和完さんとの和風
 コラボレーションで実演。日本の古典芸能を熟知した二人がオリジナルの
 表現で熱いセッションを展開させます。
 (どうぞ着物やゆかたでお越し下さいませ)

 PROFILE
 島田明日香 SHIMADA ASUKA
 舞踏家/パフォーマンスアーティスト/女王様

  6歳より日本舞踊を始める。19歳より舞踏家・和栗由紀夫(舞踏の
 創始者、土方巽の弟子)に師事。和栗のカンパニー「好善社」に所属。
 1995年~2000年国内外の全ての舞踏公演に出演。2000年より新世代
 舞踏グループ「東雲舞踏」にて活動開始。舞踏の正統的流れや方法論を
 しっかりくみつつ、暗黒舞踏のイメージとは一線を画する舞踏第三世代
 として、既存の型や枠組みにとらわれず新しい舞踏を切り開いている。
 ヨーロッパ・アメリカ・アジア等海外での公演活動も多い。
  「東雲舞踏」webサイト→ http://www.shinonomebutoh.com
  また、個人ではソロ舞踏公演・音楽家とのコラボレーション・クラブ
 イベントでのSMフェティッシュショー、映像や写真のモデル等、独自の
 妖艶でしなやかなキャラクターを生かした幅広い身体表現を展開している。
 
  mixi URL→http://mixi.jp/show_friend.pl?id=300170

 和完(わかん) http://www.jah.ne.jp/~wakan/

  時を越え、真実在を希求する、唄歌い、三味線演奏家。
  1958年生。幼少の頃より母より長唄、三味線の手習いをうける。
 日本の精神に基づいた作品づくりや演奏に純粋に取り組んでいる。伝統の
 形、型を継承することは勿論、その形そのものの奥底に潜む「音外の理」
 の探求と日本の先人達の精神性の高さに、遺産の神髄があることを悟り、
 日々自身の意識肉体を高め、精進している。

…………………………………………………………………………
●7月20日(木)21:00/22:30
 BLACK VELVETS“異人たちとの夏”
 ブラック・ベルベッツ ライヴ
 CHARGE:1500YEN + ORDER
 http://www.vibesinc.jp/blackvelvets/

“クールでデラックスな魅惑のムードバンド”
 おなじみブラック・ベルベッツ。夏まっさかりのこの夜は、
 国籍年齢不詳の怪しげな異人さんたちに連れられて
 何処か異国の旅へといっちゃってください。
 ラテンムードを盛り上げるフローズンカクテル、
 そしてもちろん、シャンペンの優雅さとギネスの野蛮さを
 ベルベットの泡で包んだカクテル“BLACK VELVET”(1000YEN)を
ご用意して、みなさまのお越しを心よりお待ちしております。

  BLACK VELVETS:

  田中邦和  KUNIKAZU TANAKA  sax
  テラシィイ TELLASSY     guitar
  ヲノサトル SATORU WONO    organ
  山口とも  TOMO YAMAGUCHI  percussion

  「あえて引き算の発想で、なぜかいまどき“魅惑のムード音楽”を
   演奏する新しい発想のグループ、ブラック・ベルベッツ。
   人間リズムボックスと化したコンガやギロ、
   ペラペラにチープなギター、安っぽいオルガン、
   中途半端にエコーの効いたテナーサックスが、
   『ソー・ナイス』だの『モア』だの『サマータイム』だの
   超スタンダード・ナンバーを奏でる。
   これはポール・モーリア、カラベリときらめくストリングス、
   ニニ・ロッソ、サム・テイラー(以下略)といった
   往年のムード音楽の、デジタル時代ならではの
   再解釈と言って良いだろう」(ヲノサトル)

…………………………………………………………………………
●7月27日(木)
 KooKS Monthly Live
21:00/22:00
CHARGE:500YEN + 投げ銭 donation for the artist

 KooKS:
 Kawol Aki    voice, guitar
 Yasuhiko Ochi  electric bass

  空気までトレモロさせる端正な音を爪弾きだす“KooKS”。
  EPOなど様々なアーティストへの楽曲提供やライヴサポートで知られる
  シンガー・ソングライター、秋元カヲル氏のユニットです。
  複雑な音階をデリケートに操るアコースティックギター。
  特徴のあるヴォイスに絡みつき、うねるベース。
  チュニジアやギリシャ、東欧の風景をモチーフにした曲は
  聴く人の想いを遠く旅へと赴かせてくれます。

…………………………………………………………………………
●7月28日(金)
 DAKE & ZONO BOSSA LIVE
 21:30/23:00
 CHARGE:1000YEN + ORDER

 マンスリーレギュラーのCHICなボッサデュオ、DAKE&ZONOも
「凛」をテーマにブラジル音楽の原点に戻り、活動2年目に突入。
 毎月楽しみなのは、DAKEちゃんの艶やかな自作コスチューム、
 そしてTRAUMARISのためのトリビュートソングの数々。
 もちろんバート・バカラックの珠玉の名曲や
 ロッククラシックのボッサアレンジもグッと来るはず。
 
 音楽を遊び尽くすにはまだまだ早い、という大人の方に
 ぜひ聴いてほしい!

  DAKE & ZONO:
  http://worldmusic.jp/
  2003年12月、嶽貴代美(Vo.)と倉園佳三(G&Vo.)により結成。
  声とギターのみのシンプルな編成で「大人が燃える音楽」の創造を目指す
  ボッサデュオ。エドゥ・ロボ、マルコス・ヴァーリ、ジルベルト・ジル、
  ジョルジ・マウチネルなど、メロウで土着的でちょっとB級な
  ハードボッサを、クレプスキュールやチェリーレッドを彷彿とさせる
  DAKEとZONOのドラッギーな歌声で聴かせる。

……………………………………………………………………………………………
住吉 智恵 CHIE SUMIYOSHI
TRAUMARIS TEL03-5411-0220
ROPPONGI,6-8-14 Complex1F
OPEN:MON-SAT 19:00-28:00

sumichiex@yahoo.co.jp

Leave a Reply