Sync! Sync! Sync!

http://homepage.mac.com/nsekine/SYW/SYWSoft/softOSX.html

まだ環境が整っていないのでテストできないが、これだと10.3.xで使っていたHyBackupと同様に複数のセットを作って同期ができるようだ。一応(作者がIntelMacを持っていないため)テストできないながらもUB化されているようだし。

AppleのBackupもだいぶ前にためしてみたのだけど、アレだと「毎日」「毎週」「毎月」「手動」のそれぞれのグループごとにしかシンクロ/バックアップの種別の設定ができないから、「このフォルダは同期でこのフォルダはバックアップで両方手動」というようなセットができないかあるいはとても煩雑な操作を要求されるため使い勝手が悪いと判断してお蔵入りにしていた。今回久しぶりに確認のためにためしてみたけど、やはり俺にはBackupを使ってそのような設定が可能であるとは思えなかった。

Appleのソフトウェアを使うのに腰が引ける要因はほかにもある。OSのメジャーバージョンアップのたびに勝手にコロコロ仕様を変えたり同じ名前のソフトウェアでもデータに互換性がなかったり。。というような独断専横があまりにもヒドすぎるから重要なソフトウェアに関してはできればApple純正は避けたいという思いがあるのだ。そんなわけでApertureに頼り切りになる事アレがどんなに完成度が高くなったとして俺はしない。ApertureにはWindows版が有り得ないというのも決定的なマイナス要因。

案の上。pismoのほうはTigerに変えたばっかりに今まで走っていたものが走らなくなったりあるいはマッチングの問題で変えなければならないものが続出。(笑)とりあえずいま10.4.8へのデルタアップデートを実行中。Dashboardは小さい画面だと使いにくいす。相変わらずKonfabulatorでさまざまなものを稼働中。

Leave a Reply