リアリティ

VRをテレプレゼンスのための手段として考えると細かい情報まで読み取れるHDR画像でのVR技術は正当な手段なんだと思うけれども、長らく自分たちの世界観やリアリティに強い影響を与えて来たところの「写真」テキなものとは明らかに違っている。写真テキなものと言ってもフィルムの時代とデジタル以後ではずいぶんと変わっているし。

伝達の手段なのか。観察の場なのか。表現なのか。

Leave a Reply