頭がウニなのでタモガミさんにツッコミをいれてみたいが。若い兵曹に覇気がないと嘆いているのかも知らんが。一度民間に来てみるといい。民間では自虐史観なんて言葉はギャグに過ぎないが、フツーの若者もやっぱり覇気がないのは同じだ。繰り返して断っておくが、民間の若者の多くは自虐史観なんて言葉興味がないどころか下手すれば総理と同様読めないかもしれないが、それでもやっぱり覇気がない。
つまり、自虐史観云々と若者の覇気とかそういう感情論を結びつけるのは暴論だろう。

加えて言えば。たぶんタモガミさんは俺とそんなに歳がかわらんと思うが。俺がみても最近の若いもんは覇気がないと思う。俺がそう感じるのはたぶん俺の心がおっさん化しているからだろう。俺は別に自虐史観とかどうでもいいし、むしろ自虐史観の極致みたいな思想の持ち主でもある。その俺がみても若者には覇気がないように見えるのだから、一般論として若者に覇気がない事と自虐史観の間には何ら関連性はない物と俺は考える。ではなぜタモガミさんも俺も若者に覇気がないように思うのかと言えば、俺が思うにそれはお互いに心がおっさん化しているからだろう。俺はそう思う。
なので自虐史観とかそういう思考停止を呼ぶセンセーショナルな言葉を恣意的に用いて自分の都合でヒトの心の隙間に入り込もうなどという政治的な態度をとらずに、自らのおっさん化を充分にふまえた上でフツーに任務を全うすればよかろう。

どうせお互い20年前には「新人類」とか「覇気のない若者」と言われていたんだから。(謎)
@2009年4月23日木曜日 22:50:10

Leave a Reply