あぁ。インポートの時に欠けるパターンがわかった。ファイルを分割して読ませる時に、その末尾にあるエントリが欠けている。で、それを避けるために大きめのファイルで読み込ませるとサーバーのメモリのせいかなにかでエラーが起きて、それが発生した時に読み込もうとしていたエントリも欠けるようだ。ただDBのテーブルにはそのエントリが存在するというように書き込まれているようで、もう一度同じテキストファイルを読み込ませてもそれはスキップされてしまうようだ。これはバグというよりはサーバー環境によって起こるエラーなのかもしれん。あるいは2バイト文字だからか。

んーむ。これは困った。現実的にはエラーが起こる事を前提に大きめのファイルで読み込ませていって、欠損したエントリーをその都度手動で修復していくことになりそうだ。そのエントリーにコメントやトラックバックがついていた場合にはリンクや内容は修復できるかもしれんがIPは修正できないな。DBのレコードを直接いじるスキルがあれば別だが。
@2009年4月25日土曜日 23:39:20

Leave a Reply