さらに、「まずい」と評判の英国料理も、本格的に作られたものはこんなにうまいのか。ということが確認できるのが、ルーシーという女性が炊事場に入っている日である。
でっぷり肥って毛深い(ブルネットのくせに、全く無駄毛の処理をしない。夏でも)このおばはんの手にかかると、シェパーズ・パイもラム・ホットポットもバンガーズ&マッシュも、こんなにうまかったのならもっと早くに言ってくれ、と英国継続在住13年のわたしですら唸りたくなるほど美味しい。

THE RBADY BLOG: 炊事場のスーザン・ボイル http://blog.livedoor.jp/mikako0607jp/archives/51519750.html

tumblr経由

Leave a Reply