クラシカルなカンジを出そうとして金属製の吊り金具を採用したのだろうけどどうせなら6×7やLXと同じファスナーストラップ形式にしてほしかった。かつてアサカメのニューフェース診断室で「くるくる回ってストラップが絡まってしまい使いにくい」と評されたことがあってそれが結構いまでも定説化している面もあるけど、そういう欠点以上に「簡単な操作でストラップをカメラから完全に取り外すことができる」という計り知れないメリットがあるのだから、プロ用途を意識するのであれば金具はあれのほうがいいと思う。

Leave a Reply