改造前提で言えばこれとか面白そう。
http://www.trusco.co.jp/protool/CatalogDetail.do?spcode=TXL150++++++++++++++++++++++++3100
75WのE11のクセノン球を二個装備している。背中に基板を追加して一灯ずつ点灯できるようにしたり熱との相談は必要だけど100Wの球をいれるとかあるいは単灯を前提にモデリング用のブルーハロゲンを入れられるようにするとかもありかなと思っている。このワッテージだったらダウンコンバーターでも調光できるだろうし、ワールドボルテージ化もさほど面倒ではない気がする。製品写真では細かいところがわからないが、後から球を交換できる構造ではなさそうだからフロントグリルは外れるはず。グリル枠だけを残してガードの部分をトータライト風の網などに変えて、フィルターやバーンドアを装着できるようにするなど妄想は膨らむ。

蛍光灯の簡易な灯器としてはこんなのも面白そう。
http://www.akaricenter.com/pdf54.htm
メーカー取材物なんかだったらこれと蛍光灯に色味を合わせたストロボを持っていけばムービとスチルと両方撮れそうな気がする。これすごく軽いし、乱暴に扱っても大丈夫そうに見える。管がやや特殊だけど2ピンの蛍光管の中では大きなサイズっぽいから物理的にこれよりも小さくてピンのピッチが同じなら他の管でも点灯できるんじゃないかと思う。あらかじめポリカーボネート製だというこのカバーをつや消し加工などしてやれば散光の灯器になりそうだし。

など。妄想はつきない。

Leave a Reply