年末に新古品のMetz Mecabiltz 54MZ-4iを見つけて買って、それがNikon用だったのであわせてペンタックス用のSCA3702 M3アダプターを買い求めて使って見ている。

一点残念なのはこの組み合わせではP-TTLは効くようになるもののP-TTL HSS(FP発光)はできないようだ。SCAアダプターの機能説明によるとP-TTL HSSに対応しているのはSCAシステムのストロボではMecablitz 45CT-4 digital + SCA3045ケーブルの組合せにSCA3702 M3以降を組み合わせた場合のみであるようだ。未検だがMetzのストロボは最近ではSCAシステムではない固定シューのものも出ているからそちらだとフル機能対応しているかもしれない。固定シューのモデルはファームウェアの更新もUSB経由でユーザーが行なえるようになっているから代理店がいまひとつ安定していない国内の事情を考えるとそちらを選択肢に入れるのものいいかもしれない(MZ-4iより少しだけ高価だが)

ペンタックス純正のAF540FGZがもう少しおなかの出っ張りが小さくて収納性が高く、1/3stopでのマニュアル発光量制御や連写スピードなど実用性の高い機能を持っていれば迷わずそちらを買うのだけれども残念ながら特に単三Ni-MHで1/4発光というよくある条件で2発までしか追従しないことが俺の用途では致命的。多少発光量がアンダーになったとしても、とりあえず3発目まで飛んでくれればガマンできるのだけれども。
AF540FGZが悪いということもないのだけど俺の用途ではSIGMAのEF500/530シリーズかMetzになってしまう。

Leave a Reply