K7A_1188_TrimedHDR_1000px

ちょっとだけチラ出しで大田の曲屋の写真を。
雲が激しく流れて通り雨が絶えずぱらつくような天気だったので(おそらく東北の夏のデフォルト)k-7で高速連写(っていっても秒5コマですが)にしてブラケッティングをかけて晴れ間の陽が射しているところを狙って撮影。データ上で出来るだけレンジが広くなるようにCaptureoneの「露出」パラメータで調整し、色の濁りをとってjpegに書き出し。それをPTguiのExposure FusionでHDRの技法によりダイナミックレンジを拡大して一枚のjpegファイルに合成、同時にレンズのディストーションも補正。それを最終的にPhotoshopCS4で矩形を保ってトリム。
という工程で完成ファイルにした例でした。アップロードしたものはさらにweb用に1000px相当に縮小してあります

まぁこの程度の芸はありますよという程度にご覧ください。(謎)

ちなみに元写真の素股… じゃなくて素材はこんなカンジ(テキの一枚)
K7A_1188
HDR臭くない自然な(汗)合成がやりやすいのがExposure Fusionのアドバンテージ。まぁ後発のソフトウェアも最近ではよく研究していると思いますが

Leave a Reply