たぶん同様のケースは方々で発生すると思うので現時点で俺自身が英文サポートフォーラムを斜め読みした範囲で理解したことだけをこちらにも書いておきます。お題はCaptureonePro Ver6へCaptureone Ver5 サイトライセンスからアップグレードする場合の注意点についてです

  • ライセンスポリシーの大前提として新しいバージョンのアップグレードの発給を受けてアクティベートした時点で古いヴァージョンのアクティベーションキーは無効。いままでのインストールが起動できなくなることはないが再インストール後のアクティベートは出来ない
  • PhaseoneはVer5のサイトユーザライセンスに対してVer6のサイトユーザライセンスへのアップグレードプランをアナウンスしているが現時点では未発表で、現在提供されているアップグレードは1ユーザ2インストールのライセンスのみ。これを購入してアップグレードするとVer5のサイトライセンスは失われ、二台以上のマシンへのインストールには新たな2インストールライセンスないしはサイトライセンスを待って新規購入する必要が生じる
  • サイトライセンスアップグレードにはサイトライセンスのキーが必要(1ユーザ2インストールキーとは書式が違う)
  • Phaseoneバック製品の正規購入ユーザにはDBライセンスが引き続き有効なのでVer6のアクティベーションを受けなくともVer6をDBモードで起動してPhaseoneバックを継続使用することができる(Pro6の機能を全て利用できるとは限らないでしょうが)
  • アップグレードした時点で古いキーは無効とは言うもののサイトライセンスプログラムがまだ発表されていない?ために現実には今だVer5のサイトライセンスキーはDisableされていないために暫定的に使えているユーザもいるのかもしれないけどその辺は記述だけではよく判らない部分もあります(そもそも一旦インストールされた製品がロックされることはないため)いずれ使用できなくなることは間違いないでしょうが
  • トライアルの有効期限が発表時点からということで言えば年末までですので、クリスマスプレゼントを気取ってアップグレードプログラムの追加発表などはあるかもしれません(以前2インストールアカウントからサイトライセンスへのディスカウントアップグレードプランが発表されたのもクリスマスセールだったと記憶しています)

以上、事情通でもなんでもない俺の妄言含みの発言としてここで書きなぐっておきます。
本スレは早稲田の伊藤さんのところ http://itow124.exblog.jp/12452951/

Leave a Reply