Used in the right way, the LCC Calibration feature in Capture One’s Lens Tool can be used to create beautiful HDR images.

The LCC feature is designed to calibrate and compensate for unwanted Lens Color Cast as well as Light Falloff in the lens. It is the Light Falloff compensation feature we will demonstrate here.

For HDR purposes, the trick is to use the file you want to work with as the reference file for the LCC Calibration. In this case, the LCC Calibration file generates a gain map of the different lightness variations in the image. Bright parts of the image will not be gained, but dark areas will get a high gain factor. When the LCC Light Falloff compensation is set to 100%, the system tries to even out the lightness differences in the image. Of course, this does not make sense, but if you set the Light Falloff compensation to something between 10-35%, you will achieve a very useful effect.

Combine this with some negative Exposure compensation and you can achieve some really amazing HDR images.

ちょっとしたコツをつかんで使うならばCaptureOneのレンズキャストキャリブレーションツール(LCC)を使ってイカしたHDR画像を作ることができるんだ

LCCの機能がそれぞれのレンズ固有の補正しきれなかった周辺の光量落ちやシャープネスの低下などの歓迎されない要素を演算によって分析して補正して行くために設計されたことは以前このテュートリアルで述べた通りだ

で。ここでの本題はHDRについてだけどな。ここでちょっとしたコツといっているのはつまりこのレンズキャリブレーションのために読み込ませるリファレンスファイルとしてあんたがHDRイメージにしたいと思っている画そのものを読み込ませるってことなんだ。そうするとうちのイカしたCaptureoneはそれを分析してあんたが撮影したその画のファイルに記録されている明るさの分布を補正のための元データを作成する。で、LCCはそのうちの明るい部分については感度を下げる方向に補正しようとし、暗い部分については感度を上げる方向に補正をかけるわけだ。もしもLCCのコントロールパネルで周辺光量の低下の補正パラメータを100%にセットした場合、Captureoneは撮影されたデータの中の明るさを完全に均質にすることを試みるけれども当然そんなことはろくな結果にはならない。けれどもな、この案配をまぁ概ね10-35%辺りで巧いこと加減してやれば。まぁやってみればいい

このやり方とマイナス方向の露出補正を巧く組み合わせることができればかなりイカしたHDR写真ができるわけだがね

と、いうメールレターがPhaseoneから届いていたので紹介しておきます。(謎)
なおこの翻訳が正確がどうかは保証できません。上品な翻訳ではないことは保証できますが…

Leave a Reply