露出をマイナスに振れっていうのはまず飽和は避けろってことだろうなぁ。
LCCはいわゆる画質調整の「自動補正」とは違い色盲だからD/A変換までの段階でリニアリティが確保されてさえいれば二次元に散在する明暗の分布に関してはともかく演算で圧縮するよ…ってことかしらね

散在する部分に対するオートゲイン

Leave a Reply