昨日日曜出勤(取材)から帰宅後アレのジェットを換えた。
前回の作業時のレビューでスローが薄いという傾向がわかっていたので方針としてスロージェット(パイロットジェット)をノーマルの40から42に変更。それに合わせてメインジェットをどうするかと悩んだのだけどわからない時は濃い方からの原則によりまずは#100を入れてみたがお話にならないくらい濃い。次に排気系もポートもいじってないのだからメインジェットはそんなに変わらないのではないか…という頭にわいてきた疑惑に結論を出すためにノーマルの#82を入れて走ってみたが、最初ドカーンとパワーが出てオォ来たか!と思ったけど500mくらい先で曲がったあと辺りからトルクが出ないようになりヤバいヤバい焼き付くエンジン死ぬ〜とビビりながら帰還。その後三度目のチャレンジとして手持ちのオーバーサイズジェットキットの中で一番低い番手の#90を入れてみたところ出足がちょっともたつくのと上の伸びが大人しい意外はごく普通に走る状態まで持って行くことができた。出足の問題はニードル位置で対応できる範囲か微妙だけど上もほんの少し濃い印象はあるのでメインを#88まで下げてクリップ一段上げくらいで辻褄が合うかもしれないと思っている。パワーが出ていないわけではなく近所の路面の荒れた急な登り坂では車体がホップして前輪の接地感がなくなるくらいのトルクで登っているからラージキャブの効果は出ている(ダンパー換えないと危なくてフルパワーでは走れないかも)

Leave a Reply