話題のGoogle規約

本サービスの一部では、ユーザーがコンテンツを提供することができます。ユーザーは、そのコンテンツに対して保有する知的財産権を引き続き保持します。つまり、ユーザーのものは、そのままユーザーが所有します。

本サービスにユーザーがコンテンツをアップロードまたはその他の方法により提供すると、ユーザーは Google(および Google と協働する第三者)に対して、そのコンテンツについて、使用、ホスト、保存、複製、変更、派生物の作成(たとえば、Google が行う翻訳、変換、または、ユーザーのコンテンツが本サービスにおいてよりよく機能するような変更により生じる派生物などの作成)、(公衆)送信、出版、公演、上映、(公開)表示、および配布を行うための全世界的なライセンスを付与することになります。このライセンスでユーザーが付与する権利は、本サービスの運営、プロモーション、改善、および、新しいサービスの開発に目的が限定されます。このライセンスは、ユーザーが本サービス(たとえば、ユーザーが Google マップに追加したビジネス リスティング)の利用を停止した場合でも、有効に存続するものとします。本サービスの一部では、ユーザーがそのサービスに提供したコンテンツにアクセスし、それを削除する方法が提供されることがあります。さらに本サービスの一部には、そのサービスに提供されたコンテンツの Google による利用範囲を狭める規定または設定があります。本サービスに提供するコンテンツについて、このライセンスを Google に付与するのに必要な権利を保有していることを必ずご確認ください。

Google のプライバシー ポリシーまたは特定の本サービスについての追加規定において、どのように Google がコンテンツを利用および保存するかに関し、さらに情報を入手できます。本サービスに関するフィードバックまたは提案をユーザーが送信した場合、Google は、ユーザーに対する義務を負うことなく、そのフィードバックまたは提案を利用することができます。

Google Driveのヤバすぎる規約として話題になっている一文ですが(正しくはGoogle DriveではなくGoogle利用規約なのでもう少し広い範囲に影響するものでしょうが)、この定めを大きめに解釈すると、いったんサーバにアップしたものはGoogleが自由に利用、出版しても構わないとアップロードしたユーザーが認めたものとみなされることになりますから、仕事に少しでも関係するファイルはGoogle Driveにはアップロードすべきではないでしょう。小さく解釈するならば、google.comドメインのいかなるディレクトリからユーザーのファイルが流出したとしてもGoogleは責めを負わないよ、ということですが結果は同じです。

Google.com利用規約がwebキャッシュにも及ぶと解釈するならリンクやファイルにロボットよけのおまじないやアクセス制御を掛けていないユーザー自身のドメインに設定したダウンロードからファイルが流出した場合もGoogleは責を負わないということになります(まぁそれは妥当でしょう)。とまぁくだくだ書いている、この文章を呼んで意味の理解できない方は、独自ドメインなど使わずに素直にDropboxなどのセキュア(まちょっと)なサービスを有料で利用することをお勧めいたします。(謎)

Leave a Reply