結局「写真」とはなにか

カッコ付の「写真」とはなんでしょう

写真という言葉はおそらく英語のPhotographの訳語、あるいは日本に写真を伝えた国の言葉でphotographにあたるなにかの訳語ということでいいでしょう。この訳語を巡って「写真は真など写さないのだからおかしい」という光画派の論争が生まれたことなどはよく知られるところです。個人的にはPhoto+graphで「光画」という主張はあまりエレガントなものとは思っていません

「写真」と「撮影」

写真とは撮影するものであるということに異論を差し挟むヒトはまずいないことと思います。そのことを元に雑な論をとりあえず立てるとすれば、撮影されたものが写真であるといえるでしょう。では「撮影」とはなんでしょう。「撮」という漢語の意味は「袋にいれる」ということだそうです。つまりつかみどころのないものを袋に入れてportableにすることを意味するものだとしましょう。そこで問題になるのは「影」です。訓読では「かげ」ですが、日本語でかげという発語の意味はむしろ「陰」であり、shadowのことです。撮影という言葉の意味が曖昧であり、その成果である写真の意味のブレが大きいのも、この「影」という語に対する考察があまりにも雑だからだろうと思われるのです。実はこの解は単純で image です。つまり、撮影とは image を袋に入れてポータブルなものにする。実践的には image を自然な文脈から切り離す行為ということになるでしょう。それがphotograph であり、裏付けとなるテクノロジーが photography です

つまり写真はイメージです

…さて、この話の結論はなんでしょう(謎)