Posts Tagged ‘Mac’

Mac OS X 10.5:ディスクユーティリティのアクセス権の修復で無視しても構わないメッセージが表示される

現象

ディスクユーティリティでディスクのアクセス権の修復を実行すると、ログに次のメッセージが表示される場合があります。


* 警告:SUID ファイル「usr/libexec/load_hdi」が変更されていて、修復されません。

* 警告:SUID ファイル「System/Library/PrivateFrameworks/DiskManagement.framework/Versions /A/Resources/DiskManagementTool」が変更されていて、修復されません。


* 警告:SUID ファイル「System/Library/PrivateFrameworks/DesktopServicesPriv.framework /Versions/A/Resources/Locum」が変更されていて、修復されません。


* 警告:SUID ファイル「System/Library/PrivateFrameworks/Install.framework/Versions/A /Resources/runner」が変更されていて、修復されません。


* 警告:SUID ファイル「System/Library/PrivateFrameworks/Admin.framework/Versions/A /Resources/readconfig」が変更されていて、修復されません。


* 警告:SUID ファイル「System/Library/PrivateFrameworks/Admin.framework/Versions/A /Resources/writeconfig」が変更されていて、修復されません。



( …以下延々列挙)

*

対象製品

Mac OS X Server 10.6, Mac OS X 10.6, Mac OS X Server 10.5, Mac OS X 10.5
解決方法

これらのメッセージは無視して構いません。また、「ACL は見つかりましたが…」から始まるすべてのメッセージも無視できます。これらのメッセージは、ファイルまたはフォルダのアクセス権を変更すると表示されることがあります。これらのメッセージは正しいものですが、問題を引き起こすものではありません。

http://support.apple.com/kb/TS1448?viewlocale=ja_JP

起き抜けに昨日起きた不具合の解消のためにディスクユーティリティでアクセス権の修復をかけている時に修復できないライブラリがある件について検索した結果見つけたトピックを備忘のために書いておく。書くと忘れないからね(コピペといえども)

動きが何かおかしいと思ったらますファイルを保存して再起動。週に一度はアクセス権の修復もかけるべし。>俺自身
表面化した不具合はキーチェーンのアクセス権がおかしくなりmobilemeの同期が効かなくなるというもの。引き金になったのはしばらく使わなかったMacBookのキーチェーンと同期させたことに由るものと推測はしている。検証のしようがないんだけど。同期関係のトラブルを避ける意味ではOSのバージョンも出来るかぎりあわせてその上で定期的に同期をするようにしておくべきなんだろうな

TimeMachineと非常起動用ボリュームとして配備した Barracuda LP 2TB のベンチマークを座興程度にとってみた。
計測に使ったケースは(というか運用中の)miniSTACK V.3 でFirewire800の接続
100713_BarracudaLP
Sequential write がなぜかFirewire400のレベルに落ち込んでいるのが謎だけど他はまぁインターフェイスなりの速度が出ていると思う。ATA3.0クラスのドライブになるとある程度以上のスペックのものではボトルネックになるのはドライブのパフォーマンスではなく接続インターフェイスの上限だったりブリッジの能力だったりする。つまり7200回転とかそれ以上の性能のドライブはSATA直結かeSATAカードの速いものでない限り意味はない。5900回転というビミョーなスペックだけど実際に組込んでみると静かだし発熱も今まで使っていた7K1000bよりも少なく冷却ファンもあまり激しく回転しない。まぁまだ未知数だけどコンパクトケースに組み込みにはいいドライブという第一印象

参考までに今までこの任務にあたっていた7200回転の7K1000bのスコアも示しておく。
100713_7K100b
ご覧のごとくsequential write以外全く差が出ていない。熱リスクを冒してまで7200回転を組込む事の意味のなさはこれで判るだろう

AJAtest_HFS
N4200に作ったiSCSIボリュームの転送速度をAJA Speed testで計測したグラフを示す。接続環境はiMacからTimeCapsuleを経由してN4200のWANポートへ。RAID構成はWD10EADS四発でRAID10。RAID10なのに何故かwriteのほうがreadよりも有為に遅いのが不思議だけれども概ね write:60MB/s read:100MB/s。iMacで使う分にはまずまずの速度だしもしもより速くというならば7200回転のエンタープライズストレージ向けドライブを使えばもう少し向上するだろう。熱と信頼性とコストとの兼ね合いはあるが

FATにフォーマットしたボリュームも計測してみたけど結果に有為な差はないので割愛する。おおざっぱに言えばFirewire800(1394b)よりも少し速く単発のeSATAよりは二割ほど落ちるくらいか。もちろんeSATAにも1394bにもiSCSIにもそれぞれにピンキリあるので単純比較は難しいけど、eSATAや1394bの単なるRAIDケースを購入するのに較べて耐障害性などには一日の長があるとは言える。設定にある程度の知識と慣れは必要だけれども(はい苦労しています)購入の選択肢としてiSCSI対応のNASを考慮するのも悪くはないんじゃないかと思う。動画を扱わない限りeSATAのスピードはいらないし、データのボリュームと同じ物理ドライブにPhotoshopのスクラッチディスクを割り当てるなんて事もするわけないのだから

座興でCaptureoneでK20Dのデータを現像する場合のベンチをとってみた

測定は五回行ないその平均値を示す。共通の環境条件はCPU: iMac Corei7 2.8GHz / RAM: 12GB / Raw file: PENTAX K20D PEF / output file: 16bit TIFF in original size
内蔵のHDDに置いたCaptureoneセッションと同じものを外付けにも置いてセッションファイルの先頭の10コマをバッチで16bitTIFFに書き出した。内蔵にある場合に所要時間は平均で44.7秒。それに対して1394bの外付けにあるデータの処理はやや遅く48.8秒。まぁこの辺りはディスクベンチで100MB/秒と  80MB 70MB/秒だったことを考えれば妥当な速度さか。もっともファイルサイズが読む方で12MB、書く方で80MBくらいものだからぶっちゃけこの差は演算後に書き込んでいる時間の差でしかねーんだけど

まぁそんなです。(謎)

軽くベンチなどを。(謎)

まずは新しくきたCore i7 2.8GhzのiMac 27″のスコア。環境はまっさらではなく一応ユーザデータとアプリケーションを移行したあとで他のアプリは全部終了した状態で計測した。(Rosettaアプリケーションは動いていない…はず)
iMac_i7
次に比較用にいままで使っていたiMac core2duo 2.16GHz 24″のスコアをあげておく。こちらも使っていた状態のままですべてのアプリケーションは終了して計測。
iMac_Core2duo
こうやってみるとOSのマイナーバージョンが違いますな。(汗)
さておき。全体のパフォーマンスとして2倍程度のスコアの差しか出ていないわけだけれどもこれは先に少し書いたようにXbenchがマルチスレッドのプロセッサに最適化されていないという事情もあるだろう。別のGeekbenchというベンチマークソフトではCorei7モデルの8076に対してCore2duoモデルは2992ともう少し差が開いている。この差をどう見るかということはビミョーだけれども使い勝手の上では内蔵が1TBになっていたり内蔵HDDの転送速度がシークエンシャルに限れば100MB/秒に達するなど、いままでのiMacさんの弱点だったことがほぼ解消されているから買い替え自体はまぁ正解だったのかなと思っている。ただやはりiMacにするならCore i5モデルを買ってRAMをいっぱい積むほうが正解なのかなとは思う。うちの場合はそれに加えて浮いた予算でMacBook白をMBP13に替えるということも考えられたかも…と。

Captureoneはきっちり8スレッドで動作しているのは前もかいた通り。Photoshopの操作で引っかかることもなくなったし、内蔵にあるデータでできる範囲の尺であれば多分ムービーも大丈夫だろう。ちなみにMacProだとどのくらいのスコアなのかと思って調べてみたがベンチマークサイトにあげているようなヒトたちはだいたいゲテモノのマシンが多くてあまり参考にならんのだけど8コアに12GB積んで起動ボリュームをCavier Blackの500GB三発でRAID0にしたヒトで240くらいみたいなので、eSATAの外部ドライブからデータを連続して読み込む!っテキなアプリケーションでない限りはそんなに差はないかな。Core i7侮りがたし。もっとももうすぐMacProにはもっと速いのが乗るわけですが

そんなカンジです

昨日iMac Corei7がやってきてぼつぼつと環境を作っている。まだやらなければならないことが多くたまっている作業もあるので細かく検分はしていないがXbenchで計ったスコアでは概ね220ptくらいでCore2duo 2.16GHzの旧iMacさんでも100前後あったことを考えるとクロックとRAMの分くらいしか性能が上がった感じがしない。ただXbenchはもうずいぶん古いベンチマークソフトなのでマルチコアマルチスレッドに最適化されているとはいえない。Geekbenchというベンチマークソフトがあるのを見つけて、それはどうやらマルチコアマルチスレッドを前提にしているようなので後ほどそちらでも計測してみようと思っている。

で。Corei7どうよって話で言うと。まだ重い作業をしていないので実感としての話ではないのだけど、CPUメーターを見ている限りではマルチコア対応のソフトウェアであっても実際の動作としてはあくまでも「4コア」として動いていることが多く、Hyper threadingの恩恵はあまり感じられていない。もちろん十分速いのだけれどもCorei5との比較を考えた場合に、想像しかできないのだけれども、同じ4コアの動作になるのであればi7にする差額の20K円少々をRAMやストレージ環境の高速化に投資した方がコストパフォーマンス的にはいいかもしれないと思う。Core i5とCore i7で絶対的な差の開くアプリケーションは少ないだろうし、Corei7にしたところで内蔵できるHDDやドライブの性能、熱問題などを考えればMacProの8コアとは全く勝負にならないだろう。RAMとCPUで完結する処理であれば4コアシングルXeonには凌駕する局面もあるだろうが
自分でCore i7モデルを買っておいていうのもなんだが iMacにした時点で極限性能とは縁がないのであるからベストバイなのはCore i5モデルではないかという気がしている(ヲイ) Core2duoモデルにRAMを増設するのでも十分満足できると思うけどそれだと「4コア」にしたらよかったのかなぁ…とかあとから気になって仕方がないヒトもいるかもしれないしね

ocz_vertex_120gb_ssd_cwmacbookcore2duo2ghz

さて。件のOCZ Vertex 120GB SSDのベンチマークを例によってとってみたが。
なんかこれスゴく速いです。Sequential / Random ともにHDDをぶっちぎり。MacbookでHDDのときのスコアをとっていないのが悔やまれるけど、データの読み書きの性能だけじゃなくてOSが参照するライブラリへのアクセスも速いからだろうけど完全にベンチマークの基準であるPowerMacG5 2GhzDualをぶっちぎっている。

んーむ。ほんとにこれの250GBのやつをiMacに積んでみたい。

ここで、これを買った店であるOLIO. SPECの中のヒトのコメントをお伝えします。

「SSDは逝くときは何の予兆もなく
いきなり逝きますから注意してください」

Firewire800でストライピングにしたHItachiの7200回転のDeskstar P7K500 のパフォーマンスを測ってみた。

raid0_1394b_hitachi
んーむ。正直もう少し速いかと思っていた。Fireiwre800!ストライピング!...と昨年くらいまでだったらウリになっていたような言葉が踊っていても所詮それぞれのパーツが二次利用でしかもホストがiMacじゃこんなもんか。
ちなみにこのドライブのスペックは

Hitachi P7K500 HDP725050GLA360
SATA2 7200RPM
250GBx2platter 4head
16MB cache

となっているので、まぁ一時代前のフツーのデスクトップ向け交換用ドライブと言ったところ。

比較用にiMacの内蔵ドライブも計測。
こちらのドライブのスペックは

iMac
Barracuda 7200.9 ST3250824AS
SATA2 7200RPM
125GBx2platter 4head(たぶん)
8MB Cache

となっている。はっきり言って安物PCの組込み向けの 安物  低価格部品。
imac_internal
んーむ。安物..もとい低コストパーツでもSATAに直付けすればさすがに外付けより有利ってことか。

この数値がどうこうと言えるほどの知識も持ち合わせていないしその立場でもないのであまり踏み込まずにおくけれども、まぁ比較対象が余りにも低スペックである点も大きいけれどもRAID0の弱点である読み出しには不利(二つの物理ディスクから読み出さなきゃならない)があまり目立たずに、ぶっちゃけ廃品利用の割にはそこそこスピードも出ているし、満足しておいた方がいいんだろうという程度の感想。
ちなみに計測に使用したXbenchのベンチマークの基準値「100」はPowerMacG5 2Ghz dualのスコアだそうな。ディスク以外のパフォーマンスも測ってみたがCPUの項目で演算の種類によってはintelなiMacさんの圧勝なんだけどやはりビデオとかI/Oでは全般に負けてる。今回計測した外付けドライブのスコアだってたぶんRAMやCPU辺りのバスの帯域がもっとあれば、今よりも大きく内蔵を引き離したかもしれない。腐ってもアルミの岡持は強いってことだろう。うちも次はアレ買うようにがんばろう。

Captureone Pro をインストールした後、CalmXavをインストール。ざっと設定。
続いてLast.fm Scrobbler をダウンロードしてインストール。これをダウンロードするときは言語環境を英語にしてからやらないとラジオ機能がdisableされた日本語版が落とされてしまうの注意。その後日本語環境に戻す訳だけれども、別に英語環境でも問題が出ないのであれば英語環境にしておいた方が問題は少ないような気もする。Pantherのときには(Jaguarだったかも)日本語環境にしないとMailの文字コードがutf-8になってしまい古い日本語のメーラーとやり取りができなくなる バグ  不具合があったけど今はどうなんだろう?試しにしばらく英語でやってみるかな。
Adobeのソフトウェアとか、アップデートされるたびに日本語対応の不具合が出ているような気もするので英語環境の方がいいのではないかという気もするんだけど、部分的に日本語が交じるとそれはそれでまた何か不具合が出たときにややこしくなるような気もするし。イマイチそこが素人の悲しさで右へ倣えしてしまいがち。

とりあえず、Captureoneの日本語リソースは殺しておこう。

Captureoneをダウンロード中。
OS環境を引き継いでいないせいか、Googleで Phaseone を検索するとPhaseoneJapanがヒットするようになってしまっている。勘弁してほしい。Captureoneに限らず細かい調べ物やダウンロードは結局英語のサポートフォーラムやアカウントにアクセスしないと用が足りないんだから、英語を優先するようにしてほしいもんだ。まぁ設定すりゃいいのか。Googleに関してはjpサイトがなかった頃から使ってそのまんまだからよくわからんのだけど。

とりあえずFruitMenuをインストール。
久しぶりにまじめにreadmeを読んだら(今はそういう気分)いつのまにかFruitMenuが懐かしのFinderPop記法に対応していた。という言い方が適当かどうかは微妙だけど、普通FruitMenuアイテムに登録されたファイルやフォルダはアルファベット順に配列されるんだけど、その順列を変えたい場合に接頭辞として三文字の半角英数字を加えることでその順番を変更できるというもの。元々FruitMenuを導入した理由がたぶんほとんどのユーザの場合そうだと思うけれどもOS9でのFinderPopに相当するものが欲しいということだっただけにこの変更はうれしい。

残念ながらLeopard以降はAppleの標準のコンテクストメニューとそれ以外のもので階層がわかれてしまっているので使い勝手がイマイチだけど(それもたぶん変更する方法はあるはずなのだが)コンテクストメニューからファイルを操作したりコマンドを実行できることは作業効率の上で非常に重要なので、この機能拡張は外せないな。できればLabelsXも引き続きアップデートしてほしいのだけど無理なのかしら。

http://unsanity.com/haxies/fruitmenu/

Macintosh Specs Index
http://www.mac-rescue.net/spec/index.html

以前紹介していたLaoxのMac館の公開していたMacintoshハードウェアのスペックまとめページが閉鎖になっているのでかわりにこちらを上げておきます。まぁ最近こういうところにリンクしておくという行為もGoogleのおかげさまであまり意味のないことになっているような気もしますがな。

秋葉館オリジナルHDDケースFrontAttack DDTのディップスイッチの設定についての覚え書き。

左右とも上
ノーマル(独立した二台のHDDとして認識)
左下、右上
ストライピング(RAID0)
左上、右下
スパンニング
左右とも下
無効

出荷時の初期状態ではRAID0になっているので要注意。

歴代Macintosh製品データベース

Laox Mac館のサイトの一部として公開されている歴代Macintoshハードウェアのデータベースです。
http://www.laox.co.jp/store/160/apple/history.html

歴代と言っても大昔のものではなくG2以降のもの、基本的にはNew World以降のものが中心ですが、製品のスペックを調べたい時には便利と思いますので紹介しておきます。
最新のMacintoshが最高のMacintoshと思い続けてそれを買い続けるヒトにはあまり意味ない資料ですが。

とはいえ、最初のPowerBookもその次も二年落ちを買ってその分メモリを積んだりして概ね二年間くらい使うつもりで運用してきましたけど、最近データ量がどんどん増えているのでさすがに二年落ちのマシンでは話にならず、eMac以降はせいぜい半年落ち。。というか前のバージョンのOSが走る最終バージョンを新古品で買う。。というスタンスに落ち着きつつあります。出世したようなセコイような。

iBookG4がやってきた。 Yah!Yah!Yah!

いきなり若い子には通じないネタでスンマセン。

わけあってiBookG4が我が社に赴任してきました。スペックは、PowerPC G4 1.2Ghz/RAM:Onboard 256MB+PC2100 DDR 1024MB/ 32MB VRAM/ ATI RAGE Mobility RADEON 9200(AGP 4X)/ IEEE1394a x1/ USB2.0 x2/ builtin Bluetooth/ bultin Airport Extream/ MacOS 10.3.7/ 60GB HDD/ Apple JIS keyboard 。。。とまぁこんなカンジ。
もう少し平たく言えば&quot’iBookG4 12″ Late2004&quot’って奴の日本向けモデルのHDDを60GBに拡張した奴です。

不満点を挙げればイーサが10/100BASE-Tどまりでいわゆるギガビットイーサではないことと内蔵HDDが60GBしかないことでしょうか。何しろ現役のPismoは内蔵で120GBですから。まぁ80GBあれば不自由はないんですけどね。
このiBookはロケ専用デジタル写真専用。。にするつもりなんで最低限の写真屋ソフトとコーディングやHTML記述、リソースエディタ、ファイル管理ユーティリティくらいのソフトウェアに限って入れてディスクスペースを節約してやることでなんとか60GBにおさめようと思っています。とはいえ、ロケ用ですから万一に備えてシステムは二つ載せてさらに我が社の他のスタッフも使えるようにマルチユーザで組むつもりなんで結構キツキツです。パーテーションをあまり細かくするとその分ボリュームのロスが大きいし。なんとか4ボリュームくらいでまとめたいところですが果たしてどうなるか。
とりあえず来週くらいから実戦投入の予定。iBookが来てしまったので結局Winノートは先送り。ロケ先でのトラブル復旧やメディアの初期化などのことを考えればロケ用はWinノートにすべき。。という考えは変わっていないんですが、とりあえずもう少し速くてあまり高くないMacintoshも欲しかったので今回そちらを優先したわけです。

いままで分解のし易さと拡張性をポイントに挙げて黒いお座布団を使い続けてきたのですが、G3とG4の違いは大して気にならないもののさすがに最大RAM搭載量がiBookのほうが上でクロックで2倍強。システムバスも2倍強。となると。。。
新しいから当たり前なんですけどeMacを凌駕して堂々の我が社最速のMacintoshとなったわけです。(ショボ)
まぁ細かいセットアップが終わったらまたこの件については少し書いてみます。

ひとまず。